スポンサードリンク
ヘルスメーター 体脂肪 - サイト運営者のブログ
2011/10/11 22:21

ヘルスメーター 体脂肪

万能ヘルスメーターで体脂肪、BMI、基礎代謝量も測って痩身

アンチエイジングを目指すなら、やはり身体は軽快であるにこしたことはありません。

ここでは痩せるというより、むしろ太りにくい体質に作り変える方法を探ってみました。

そのひとつで、楽チンなのが誰でもお風呂に入る、という習慣をうまう利用した入浴法です。

筋トレなんかで、筋肉を増やし、代謝を良くすることもそのひとつですが、入浴法って言葉だけでも簡単そうで無理がなさそうですよね?

さてその入浴法も前にお話しておきたいのが、「褐色脂肪細胞」というものです。

褐色脂肪細胞は、ダイエットに非常にかかわりの大きい細胞です。

非常に特殊な細胞で、太りやすい体質になるのか、太りにくい体質になるのか、その成功の鍵を握っていると言われます。

褐色脂肪細をひとことで言い表すと、人体の中でエネルギーを消費して効率よく熱に変えていく、という働きをもった細胞です。

熱に変えるというのは、体温を上げるという役目を果たしているとも言えます。

食べ物を口にする、そのことはイコール栄養素を体内に取り込んでいることになりますが、現代人は過食傾向にあってほとんどの人にとって普通の生活を送るということだけで過剰な栄養をとりがち、一方でミネラル等が不足したりバランスがよくなかったりと・・・こういう事実は誰でも知っていることです。

褐色脂肪細胞のありがたい機能として、余分な栄養素を熱エネルギーに変換し放出してくれるという点が挙げられます。

食べたもののうち、余った栄養を脂肪として蓄えるのではなく、どんどん熱として放出するという極め付きのありがたさとでも言えばよいでしょうか。

このサイクルがうまく働いてくれると、太ることとは無縁の体質になっていきますよね。

一旦このサイクルが機能し始めると、多少の食べ過ぎ、飲みすぎがあっても、熱となって放出されるのですから太る心配をあまりしないでも済みます。

今までと何が違うかというと、褐色脂肪細胞が体内で活性化していることです。

その活性化を促進する方法のひとつに、入浴法があるとお考えください。

お風呂に入って、褐色脂肪細胞を刺激して活性化するのだとご理解ください。

さてその褐色脂肪細胞は、全身にまんべんなく存在している普通の脂肪細胞とは異なります。

人体では存在している部分というのが限られていて、心臓まわり、腎臓まわり、首の後ろ側、わきの下、肩甲骨周辺の5箇所に分布しています。

入浴

そこでいよいよ肝心な入浴法ですが、シャワーを使います。

入浴時にシャワーで、温冷交互浴にて刺激を与え、活性化を促します。

温冷交互浴というのは、暖かいお湯と冷たい水とを交互にあてるという方法です。

サウナと水風呂を連想されるかもしれませんが、ちょっと違うのはサウナと水風呂を交互に浸かるというのは心臓への負担もかかってきます。

ここで説明しているのはあくまで、シャワーで部分的に交互に温水、冷水を浴びせるという意味です。

気をつけて欲しいのは、部分部分では面倒だと感じて、一気にサウナと冷水の全身浴でもいいじゃないかと考えることです。

温かいお湯のほうは全身でももちろん構わないのですが、問題は冷水のほうです。

冷水は必ず、部分のみにあてるようにしてください。

しかも、最初は冷たい冷水ではなく、ややひんやりと感じる程度のぬるいお湯から始めてください。それでも充分に効果はあるのです。

根気よく続けているうちに、少々食べ過ぎても太らなくなっている自分に気がついたらもう半ば成功しているようなものです。

加齢に伴い、褐色脂肪細胞の働きも衰えてくるので、筋肉と同じように使うことで刺激を与えていくという考え方でアンチエイジングを目指しましょう。

それにはなんといっても、ヘルスメータ使って日々のたゆまぬ計測が安心のもとです。

格安ヘルスメーターを楽天でチェック

ヘルスメーターってヤクオクにある?

"ヘルスメーター 体脂肪" の関連お勧め情報 検索結果
スポンサードリンク